ANAカツのマイレージ☆クエスト

マイルを中心にクレカ、ポイント、お得ネタを随時発信

MENU

【幻のクレカ】年会費無料で最強クラスの還元率2.43%を誇るJQエポスゴールドカード。ANAマイルを貯める上で絶対に持っておきたいカードです。

f:id:My-way-life:20190216183837p:plain

 

ANAマイルを貯める上で2019年現在、最強クラスの還元率を誇るのが幻のカードとも呼ばれるJQエポスゴールドカードではないでしょうか?幻と呼ばれる所以は、エポスの公式ホームページにも載っておらず、基本的にはインビテーション(招待)でしか手に入りません。(それ以外の方法としては九州にあるJQカードカウンターでプロパーのエポスゴールドから切り替えはできるようですが、交通費との天秤ですね。。。)
 

JR九州グループの提携カードとなっており、プロパーのエポスカードと最も異なる点は貯まるポイントがエポスポイントではなく、JRキューポで付与されることです。JRキューポであればソラチカルートにのせることがきますので、その最大マイル還元率はなんと2.43%となります。ANAカードと比較した場合、最高峰の還元率を誇るカードは現在ANAプラチナカードとなりますが、年会費8万円で還元率は最大1.9%となっているのでJQエポスの実力は恐るべしです!

JQエポスゴールドカードは決済額の条件はあるもののプラチナカードをも凌駕する還元率を保有し、しかも年会費無しで維持できるので陸マイラーとして活動する上で絶対に持っておいて損はないカードです。

私は約半年ほどエポス修行(!?)を行い、昨年無事JQエポスゴールドのインビテーションをいただきました。私のインビテーション入手までの実績、JQエポスカードを最大限活用していくテクニックなど数記事に分けて徹底的に解説していきます。

 カード基本スペック 

    f:id:My-way-life:20190211104447p:plain

 

カード決済額に対する基本ポイントは0.5%ですが、年間の利用額に応じてもらえるボーナスポイント(最大+1%)やリボ登録(+0.5%)、選べるポイントアップショップの利用(+1%)など、還元率が上がる特典が充実しており、純粋な還元率としては最大3%となります。ポイントはJRキューポとして付与されますので、これをG-POINT⇒LINEポイント経由でソラチカルートにのせるとANAマイルへは81%で移行できますので、 マイルの還元率としては最大2.43%となります。

またJRキューポの有効期限は2年ですが、JRキューポ⇒エポスポイント⇒JRキューポとポイントの相互交換が可能ですので、有効期限は実質無期限とすることができます。

 

ソラチカについてもっと知りたいという方はこちらの記事をご覧ください。  

エポスカードの共通特典 

  • 年4回 「マルコとマルオの7日間」期間中、お買い物が10%OFF
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • マルイグループでのお買い物はポイント2倍
  • リボ払いにするとポイント2倍
    ⇒手数料のかからない返済方法を後日記事にします。
  • 優待サイト『エポトクプラザ』の利用で各種割引
    例)映画: イオンシネマ、ユナイテッドシネマで大人500円OFFなど

ゴールドカードの特典

上記エポスカードの特典に加え、ゴールドカードになると以下の特典が追加で受けられます。

  •  選べるポイントアップショップに登録でポイント最大3倍
    ⇒対象の店舗の中から3店舗まで登録可。登録店舗での決済はポイント3倍

  • 年間の利用額に応じてボーナスポイントを付与
      年間50万円以上でJRキューポ 2,500ポイント
      年間100万円以上でJRキューポ10,000ポイント
    ⇒100万円ちょうどの利用で還元率2.43%(最大)となります。
  • エポスファミリーゴールドの利用で代表会員にファミリーボーナスを付与

f:id:My-way-life:20190211115637j:plain
エポスファミリーゴールド|クレジットカードはエポスカード

 

 エポスカードには家族カードはありませんが、例えば夫婦それぞれで保有したい場合は個別にカードを発行することになります。その際、引き落としの口座を夫婦どちらかの口座一つにまとめることも可能です(請求書は名義毎に別れており、個別請求となります)。独立してカードを持つことで、上限100万円で頭打ちになってしまう最大還元率も夫婦2人なら200万円に最大還元率をスライドすることができますし、エポスファミリーゴールドの特典として追加ボーナスも受けられるようになるので、家族カードが無いというのは私はネガティブな要素として捉えていません。2018年からファミリーゴールドサービスが始まり、エポス側としてもサービスを充実させることで今は強みに変えていると思います。

それではJQエポスゴールドのメリット、デメリットについてまとめてみたいと思います。

 【メリット】

  • 年会費無料
  • マイルの最大還元率はクレカの中でトップクラス
  • 海外傷害保険が自動付帯で充実
  • プリペイドカード*、モバイルSuica、楽天edy等へのチャージもポイント付与対象
    *
    エポスVISAプリペイドカードへのチャージはポイント付与対象外

 

【デメリット】 

  • 100万円到達時が最高還元率となり、それ以降の利用は還元率が下がっていく。
    ⇒100万を越えても十分な還元率を叩き出すテクニックを後日記事にします。
  • ポイントの付与対象は1会計ごと
    ⇒ ひと月の合計利用額に対してポイントが付与されるクレカもありますが、エポスの場合は1会計ごとなので端数は都度切り捨てとなります。その回避策としてはプリペイドカードやモバイルSuicaなどの電子マネーに端数が出ないようにチャージして決済していくのがおススメです。

   

インビテーションの入手方法  

 f:id:My-way-life:20190216210839p:plain

 

JQエポスゴールドのインビテーションを入手するためにはJQエポスカード(一般)の利用実績を積んでいき条件を達成することが必要となります。条件を達成することで郵送でインビテーションが送付され、またエポスNET(WEB)からの申し込みも可能となります。インビテーションが送付されてくる基準は公開されていませんが、私の実績からみても半年~1年未満で50万円以上の利用が一つの目安かと思います。(詳細は後日記事にします。) 

  

ちなみに昨年からエポスファミリーゴールドサービスというものがはじまり、このサービスを利用すると紹介者の2親等以内の方までゴールドカードのインビテーションを送ることができます。しかしながら紹介するカードはあくまでプロパーのエポスゴールドであり、JQエポスゴールドを紹介することはできません。ですのでJQエポス一般カードで利用実績を積み重ね、インビテーションを待つのが一般的なルートとなります。九州に在住の方や訪問する機会がある方はプロパーのエポスゴールドカードを直接新規発行するか(年会費5,000円)もしくはファミリーゴールドサービスを利用して発行し(年会費無料)、それを九州のJQカードカウンターでJQエポスゴールドに切り替えることは可能のようです。

エポスカード|JQカードカウンター一覧

 

JQエポス一般カードを発行する前に  

     f:id:My-way-life:20190216212055p:plain

JQ CARD エポス|クレジットカードはエポスカード

 
クレジットカードを発行する上でポイントサイトを経由すると大量のポイントがもらえて大変お得です。そのポイントをマイルに移行すればあっという間にマイルが貯まっていきます。クレカを発行する際は必ずポイントサイトを通して発行していくのがマイルを貯める上で最重要な考え方です。

ポイントサイトについて知りたい方はこちらの記事をどうぞ↓

但し、JQエポスゴールドのインビテーションをGETするにはまずJQエポス一般カードを持つ必要がありますが、JQエポス一般カードはポイントサイトの案件には基本的には出ていないです。そこで、ポイントサイトの案件となっているプロパーのエポス一般カードをまず発行して、ポイントをGETした後にJQエポス一般カードに切り替えることがおススメです!!
(私の実績から検証しても、プロパーのエポスカードの利用期間もJQエポスゴールドのインビテーションの発行条件にしっかりカウントされていることはほぼ間違い無いです。)

 

次回はJQエポスゴールドのインビテーション取得までの実績を記事にしたいと思います。それではまた。